生活スタイルから見るグリーンスムージーアンケートマップ

グリーンスムージーについて

スムージー1
最近美容を気にしている女性の中で特に注目の高まっているのがスムージーです。
スムージーは中に美容のために摂取しておきたいビタミンなどの成分が多く含まれていて、
ドリンク状であることもあって手軽に求めている成分を摂取できると言うこともあって
様々なメディアでスムージーのレシピが紹介されています。

 

中でも特に人気なスムージーの種類の一つがグリーンスムージーです。
グリーンスムージーは緑黄色野菜をメインに使用したスムージーのことを指します。
美肌効果・免疫力のUP・便秘解消・血液の流れの改善・むくみの解消など
様々な部分の悩みを解消することが出来る効果があるとされています。

 

グリーンスムージーには生の葉野菜とフルーツと水だけをミキサーに入れて作るのが基本です。
(牛乳・ヨーグルトや豆類・でんぷん質の野菜も入れてしまうのは栄養の吸収を妨げたり、
お腹にガスをためてしまうので逆効果)
特にほうれん草は苦味がありますがグリーンスムージーには非常に向いている葉野菜です。

 

そして、使用する果物は出来るだけ皮まで使用すればより多くの果物に含まれる栄養分を
摂取することが出来るのでオススメです。

ダイエットのためのスムージー

「ダイエットしたいけどどうやったら効果的かしら・・・」そういったことを考えている女性はかなり多いと思います。
そんなあなたにお勧めしたいのがスムージーを利用したダイエットです。

 

スムージーは野菜や果物などを水と一緒にミキサーにかけたドリンクの一種です。
材料が野菜や果物なので現代人の悩みの一つとして挙げられる野菜不足の解消にもつながり、
ドリンク状なので手軽に摂取できる点も大きなメリットで今、人気を呼んでいます。

 

ダイエットもスムージーで朝食を置き換えた人が見事に痩せることが出来たという口コミが多く評判となっています。
では、効果の高いスムージーを作るには何を入れたら良いのでしょうか?
スムージー2
まずは食物繊維です。
食物繊維は腹持ちが良くて、カロリーもほとんど無いことからダイエットには効果的な成分です。
なので、ダイエットのためのスムージーには食物繊維の特に多いベリー系やケール、アボカドなどを使用するといいのです。
そして、代謝をUPさせるためにタンパク質も入れておくといいです。
豆類やヨーグルトにはタンパク質が多く含まれているので是非入れて作りましょう。

グレープフルーツジュースで簡単スムージー

美容や健康に効果があるとされるスムージーですが、お腹が空っぽな朝に、
朝食代わりに取り入れることでさらに効果が増すそうです。
でも、女性にとって朝は出かける準備や家事に追われて忙しい物。
なかなかゆっくりスムージーを作るのは難しいですよね。

 

スムージー3
そこでおすすめなのが、果汁100%のグレープフルーツジュースをベースにしたスムージーです。
グレープフルーツを始めとしたかんきつ類には抗酸化作用が期待できるビタミンC・Eが含まれています。
もちろん生のグレープフルーツを使った方が好ましいのですが、忙しくてグレープフルーツの皮を剥く時間も無い!
という方は、慣れるまではグレープフルーツジュースを代用してはいかがでしょうか。

 

以下、冷蔵庫から出すだけのジュース200ccに合う食材です。

 

セロリ1/4…すっきりした香りでストレス解消効果もあります。
バナナ1本…腸内環境を整えてくれます。
キウイ2個…食物繊維豊富で脂質や糖質の吸収を遅らせます。
アボカド1/2…コレステロールを下げてくれます。
ニンジン小1本…免疫力がアップするβカロテンが豊富です。

 

なるべく準備が簡単な食材を選んでみました。
朝からスムージーを飲んで、元気でキレイを目指しましょう。